安全なインプラント治療を 受けるための重要なステップ

スワン歯科グループでは、 より安全で確実なインプラント治療を行うために、 治療前に高性能な歯科用CTで撮影を行い、 3D解析による映像で顎 の骨の状態や神経の位置などを詳しく確実に把握します。
この検査をもとに、 インプラント治療が可能かどうか、 また口腔内全体の状態に問題はないかなどを詳しくご説明させていただきます。
説明にご納得いただいた上で治療開始をご判断ください。


レントゲンではなくCT撮影を行う理由

レントゲン

CTスキャン

高性能な歯科用CTで撮影を行います。
従来のレントゲンより精細な3D画像を得て、その後の治療に役立てます。

サイナスリフト

3D画像

3Dプリンタの再現模型

サイナスリフトとは、 顎の骨が痩せていてインプラントの埋入ができない場合に、 骨を増殖させてインプラントを埋入できるように する治療です。
高性能なCTによる3D解析で、 該当症例を的確に診断することができます。
また、CTで撮影した断層画像をもとに医療用3Dプリンターで骨の復元模型を作り、 骨の厚みや実際の位置関係などを確認しながら安全で正確な処置を進めます。

機器・設備を見る arrow_forward

where_to_vote アクセス email 初診予約 call 052-959-5982